保育士になりたいなら目指せる大学へ!取得しておくべき資格も紹介

進路を決める時期について

進路を決めるのは早いに越したことはありませんが、最終的には高校卒業前までに進路を決めておいた方が良いでしょう。特に、保育士になりたい場合には、通うべき大学などが変わってきます。

就職率が高い大学の特徴

知名度が高いと就職しやすい

知名度が高い大学は、一般的に成績優秀な学生が多いため、会社側も安心して人を雇うことが可能で就職率は高くなります。

推薦枠を持っている大学

大学によっては企業との連携が行われていて、企業の就職に対して推薦枠を持っていることがあります。この推薦枠をたくさん持っている大学は進学率が良いです。

就職課のサポート力が強い大学

大学の中で就職課に力を入れているところは就職率も高いです。就職課が新規の企業などを開拓する力が強いと就職先も豊富に選ぶことが可能です。

即戦力となる教育が行われている大学

特に保育士などの場合は、実践的な演習などを行なっている大学であると、即戦力とみなされるため就職率も高くなります。

大企業への就職実績が多い大学

大企業への就職実績が高い大学は、良い人材が多い大学と判断されますので、多くの企業が安心して人材を確保しやすく就職率も高くなります。

オープンキャンパスに参加しよう

大学を選ぶ上で、オープンキャンパスに参加することは大切です。一度大学に行ってみることで通学しやすいかどうかがわかりますし、大学の中の雰囲気を事前に知っておくことが可能です。

大学在学中に取得しておきたい資格ランキング

no.1

TOEIC

大学生に是非ともオススメしたいのが、TOEICの資格です。社会がグローバル化している中、英語の能力は高く評価されます。

no.2

MOS

現在はどのような職場でも、パソコンが導入されています。パソコンが活用できるビジネスパーソンとしての証明ができるのがこの資格です。

no.3

簿記

一般的な会社では、経理などを行うことが必須です。そのため、簿記の資格を持っていると将来的に役立つことが多いです。

保育士は資格取得が基本!大学に通うなら取るべき資格を取っておこう

手

人気の職業である保育士の魅力

保育士はやりがいのある仕事で、モチベーションを維持しやすい仕事と言われています。保育士の仕事の魅力としては、子どもと関われる仕事であることです。特に、就学前の子供は子どもの成長が日々感じられます。この成長していく様子を見るのは、保育士にとってとても幸せなことです。また、保育園などでは季節のイベントなどが開催され、子ども達と触れ合いながら年間を通して楽しく生活ができます。子ども達を無事に卒園させられれば社会的に貢献したという実感も得られます。

保育士になるなら取得しておきたい!保育士資格以外の資格

保育士が持っているべき資格として真っ先に挙げられるのが「保育士資格」です。保育士を目指すために通う大学も全国各地に多数あるでしょう。また、保育士の資格以外の資格を紹介すると、「心理カウンセラー」の資格があります。ストレス社会である今、ビジネス業界でも心理カウンセラーは注目されています。保育業界についても、心理的面からのサポートが必要で、心理カウンセラーの知識は役立ちます。その他には「チャイルドマインダー」という資格があります。この資格を持っていると、自宅にて保育室を開業できるようになります。最近では保育園などで働く保育士も、チャイルドマインダーの資格を持つ人が多くなっています。

保育士と幼稚園教諭の違い

仕事内容が異なる

保育士は保育園で働き子どもの世話をすることが仕事となりますが、幼稚園教諭の場合はあくまでも学校の先生という立場となり教育者として仕事をします。

働く時間が異なる

保育士として働くと保育園に勤務することが多いですが、保育園では延長保育が行われていることが多く働く時間が長くなります。一方、幼稚園教諭は幼稚園も午後3時頃には終わることが多く働く時間が短いです。

広告募集中